[FB]フェイスブックFacebook.Inc

米国株
Facebook CEO ザッカーバーグ氏
はじめに
Facebook.Incはアメリカ カリフォルニア州に本社を置くテクノロジーコングロマリットです。
ハーバード大学の学生であった、マークザッカーバーグ氏が同大学のルームメート4人と一緒に設立した会社です。まぁみなさんご存知でしょうが、世界的に有名なSNS ”Facebook”を展開しています。
CEOのザッカーバーグ氏がハーバード在学中からFacebookを立ち上げるまでの話は映画化されています。
【楽天市場】ソーシャル・ネットワーク 【BLU-RAY DISC】:HMV&BOOKS online 1号店
ソーシャル・ネットワーク 【BLU-RAY DISC】
結構面白い映画なので興味がある方はぜひご覧ください。
Facebook.Incの製品およびサービス
Facebook.Incが展開するサービスは主に以下の4つです。
❶Facebook(フェイスブック)
                                                          
  月間アクティブユーザーは世界中で23億7500万人(2019年時点)を誇るソーシャルネットワーキングサービスです。ザッカーバーグ氏は"Facebookは人類全体の社会インフラを目指す"と宣言しており、現代社会において大きな影響力を持つサービスとなっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーFacebookに関するニュースーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Facebookは人類全体の社会インフラを目指すと宣言
フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが、Facebookは人類全体の社会インフラを目指すと宣言した。米国政治にまで影響を及ぼすようになり、さらに大きな影響力を得たソーシャル・メディアが、社会を改善する目標をあらためて掲げたのは立派だが、実行できるかどうかはわからない。
TRT Kanalları ve Programları
Bütün TRT markaları tek sayfa altında. TRT kanallarının ve radyolarının yayın akışını, dizilerinin ve filmlerinin hakkında daha detaylı bilgi için tıklayın.
アフリカにインターネットインフラを構築しようとしているそうです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ❷Instagram (インスタグラム)                                                         インスタ映え”や”インスタグラマー"という言葉とともに世界中で愛される写真共有アプリです。世界におけるユーザー数は10億人以上おり、1日に投稿されるストーリー(動画)はなんと5億本以上と言われています。 ユーザーの世代は主に20~30代の若者が多いようです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーInstagramに関するニュースーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【2022年版】Instagram完全攻略マニュアル!基礎知識から運用のポイント、活用事例までまとめ « SNSマーケティングの情報ならガイアックス ソーシャルメディアラボ
Instagram(インスタグラム)は素敵な画像の加工が印&#359...
【2022年版】Instagramユーザー実態が分かる!調査データまとめ
国内月間アクティブアカウント数3,300万(※1)を誇るInstagram(インスタグラム)。ストーリーズ、ライブ配信、リール、ショッピング機能、IGTVなど、SNSの新たな楽しみ方を次々と提供しユーザーを魅了するInstagramは、購買
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ❸Messenger(メッセンジャー)                                                       日本国内のメッセージアプリとしては,LINEが一般的ですが、世界的に見ますとFacebook Messengerの利用者が多くユーザー数としては7億人ほどと言われています。またアメリカ国内でのシェア率としては60%ほどであると言われています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーMessengerに関するニュースーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ニュース】Facebook、MessengerとInstagramのダイレクトメッセージが統合へ - Unyoo.jp | 運用型広告 と マーケティング のメディア
2020年9月30日(米国時間)、Facebook が Messenger と Instagram のメッセー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ❹WhatsApp(ワッツアップ)                                                       Messenger と同様メッセージアプリです。機能的にMessengerと被る部分も多いので、なぜFacebookが2つもメーセージアプリを運営しているか?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、これはもともとは独立していたWhatsAppを2014年にFacebookが190億ドル(約2兆円)で買収したためです。 当時ユーザー数ではWhatsAppが多く、Facebookが買収しMessengerと機能的に統合させたかったものと考えられます。WhatsAppのユーザ数は2020年時点で20億人ととんでもないことになっています!! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーWhatAppに関するニュースーーーーーーーーーーーーーーーーー
TechCrunch • Startup and Technology News
TechCrunch • Reporting on the business of technology, startups, venture capital funding, and Silicon Valley
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Facebook.Incの収益構造
Facebook.Incの収益の柱は広告収入です。
各企業のマーケティング担当者に広告枠を販売することにより、ほとんどの収益を生み出しています!!
ちなみに2019年の広告収入費は驚異の14.7兆円でした!!!!
さすがGAFAMの一角です
地域別の売り上げ割合を見ますと下記のようになっています。
                                               
世界の先進国地域にて収益を上げていることがわかります。
世界中で毎日利用されるSNSを運営しており今後の利益も安定的であると思われますが、
下記のようにセキュリティ(パスワードの流出)などが問題視されている側面もあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーFacebook パスワード流出問題ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Facebookユーザー5億人以上の個人情報が流出、ポイントや対策は | The HEADLINE
今月3日、世界106ヶ国にわたるFacebookユーザー5億3300万人の個人情報が、オンラインで公開されていることをBusiness Insiderが報道した。個人情報のうち、3200万人分が米国ユ···
あなたはFacebookの情報流出の“被害者”だったのか? それを実際に確かめる方法
Facebookのユーザー情報がハッカーの攻撃によって流出した問題で、フェイスブックは実際に被害に遭ったユーザーの数が3,000万だったことを明らかにした。その3,000万ユーザーに、あなたは“被害者”として含まれるのか。それとも今回は対象外だったのか。それを確かめる手順と、実際に流出した個人情報の中身について詳しく解...
“Facebook情報流出”の問題点を整理する 「パスワード変更」は不要か
9月末、Facebookは約5000万人のアクセストークンが流出したと発表した。今回の事件では何が起きて、どこが問題になっているのか。ユーザーができる最低限の予防策についてもまとめた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー IT化が進んだ現代の社会問題です。Facebookには今後ますますユーザーが安心して使えるサービスを提供してほしいですね
株価推移
finviz dynamic chart for  FBfinviz.comより
過去10年間の財務推移
過去10年間の財務推移がこちらです
                 
EPS,株価、BPSの全てにおいて急激に成長していることがわかります。
10年後の予想株価と期待収益率
先ほどの財務推移をもとに10年後の株価を予想したグラフはこちらです。
                    
2030年のFacebook.Incの予想株価は587~40678ドルです。
また取得コストを1株329ドルとすると期待収益率は12〜61%/年 となりました!!
まとめ
世界経済を牽引する5大企業GAFAM(Google,Apple,Facebook,Amazon,Microsoft)の一角であるFacebook.Incについて紹介してきましたが如何だったでしょうか。
今後もこのまま世界経済を牽引しながら成長するのでしょうか。はたまた新たな企業が覇権をとるのか
わかりませんが、注目していきたいです。
※本記事は計算により株価を予想しており、最終的な投資の実施等については自己判断でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました